1. トップページ >
  2. 正しいニキビのつぶし方、対処法!

正しいニキビのつぶし方、対処法!

肌トラブルで一番多い悩みが、ニキビ・・・・・・・

私個人も良くつぶしては後悔の連続です(◎_◎;)

ところがニキビにはつぶすタイミングがあるというではありませんか!!

と、いうことで今回は正しいニキビのつぶし方&そのあとの対処方法をご紹介します!!


まずは、ニキビは大きく分けて3パターンあります。
赤ニキビ・・・毛穴が炎症を起こしているニキビ。触ると痛い
白ニキビ・・・痛みはなく毛穴がぷくっと膨らんでる状態
黒ニキビ・・・痛みはなく毛穴が膨らんでいる状態
                      ただ毛穴が開いているので、酸化で黒くなる

この3つのなかで 一番きおつけたいのが、炎症を起こしている赤ニキビです。この赤ニキビが一番ニキビ跡を残しやすいもの。


さて本題です!
どのタイミングでニキビをつぶすか・・・・

ニキビの先端に膿が見えてきたころ、ニキビができて3、4日くらいたったころでしょうか。

膿が出てきたってことは、炎症が収まってきた証拠なんです。

まずは用意するアイテム。
・清潔な針
・消毒用エタノール
・殺菌作用のある軟膏
・清潔なコットン

1、始めに針を消毒。

2、膿ができたニキビの真ん中に1mmくらい針を刺す。あまり深く刺さないのがコツ。深く刺すとそれだけで跡に残ります。

3、指を消毒して、幹部をやさしく押す。
ここで注意したいのが押し方。ニキビの半分を出す感覚。すべて出し切ろうとすれば、さらに炎症を引き起こすことになるので、物足りないと感じるくらいでやめておく。

4、そのあと幹部を消毒。

5、軟膏をつけて、あとは肌の治癒力に任せる。


ここで爪とかでぐりぐり無理やりつぶすのが最悪!かえってニキビを悪化させてしまいます。

あとは肌のターンオーバーを促して、ビタミンCを積極的に摂取する。

つぶした後の赤い肌の状態は3~4か月もすれば薄く消えます。

ただし、すでにある凸凹ニキビ跡や茶色く色素沈着してしまったところはそう簡単には治りません。そういうのは正しく専門のところでケアするのがおススメです。

ここはあくまで小さい膿のできた場合のニキビのつぶし方です。全部が全部この方法でできると思わないで!!

ニキビは肌の傷と同じ。つぶした後、かさぶたなどができても無理にはがさないで!はがしたせいで、傷跡として残ってしまうので!!

あとは、ニキビができにくいように肌の調子を整えるのが鉄則!!ニキビ専門のアイテムを使うのがいいですよ!